ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
最新の記事
太陽の王子
at 2017-04-24 18:31
七輪道
at 2017-04-13 12:06
5歳半にして、やっと・・・
at 2017-04-03 10:30
エンジンかからず
at 2017-03-21 09:08
キルティング・ジャケット
at 2017-03-15 13:58
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

心から褒める

中学1年生の長男は、本日と明日 学年末試験があります。

朝、玄関で 「頑張ってこいよ!」 と声をかけましたが、彼の第一声は 「パパ、ダメでもあまり怒らないでね!」 でした。(苦笑)

「試験を受ける前からダメかも・・・と思う位にしか、お前は試験勉強をしなかったのか!」 と怒鳴りたくなるところを、ぐっと我慢して 「落ち着いて、問題をよく読んで答えを書くんだよ!」と、一応笑顔で送り出しましたが、きっと私の笑顔は仮面のようだったかも・・・

私も、もう50歳近い年齢なので小学生の頃の記憶は、あまり鮮明ではないのですが、中学校時代のことは、かなりはっきりと記憶しています。
私が入った中学校はいわゆる進学校でして、入学式の時 校長先生が 「みなさん 入学おめでとう。今日一日は入学をご両親と共に喜んでください。 そして明日からは高校受験へ向けてのスタートです!」 という祝辞の言葉に驚いた記憶があります。
「こりゃ 大変な学校に入ってしまったな」 と・・・・

秋田県内の腕に覚えのある (勉強のよくできる) 生徒ばかりが集まっていましたので、みんな本当によく勉強していました。
先生も教科書は副教材程度で、独自の教材で進める方が多く、「教科書に書かれている内容は既に、予習済み」 という前提で授業が進んでいきました。


まあ私も、そこそこ勉強したつもりですが いつも成績は 学年の真ん中からちょっと上だったり、ちょっと下だったり・・・ という感じでした。
中学校なのに、中間テストや期末テストの成績が、1番から最下位まで貼り出されるんです。
上位常連の連中は、貼り出しの日を楽しみにしていましたがね・・・



試験ではいつも、学年の真ん中辺りだった私ですが、私の長男に比べれば、かなり勉強したと思います。
ですから長男の自宅での様子を見ていると、情けなかったり歯がゆかったりで、ついつい怒ってしまうのですが・・・


小学4年の頃の長男  フリスビー競技会 小学生の部で3位入賞が場内アナウンスされた直後の写真
e0204314_93954100.jpg


たまに 「長男にしては」 全国模擬テストなどで良い成績の時があり、そんな時は 褒めているつもりなのですが、 褒めても長男はあまり嬉しそうにしません。
もう中学生ですからね 「本当は満足していないけれど、仕方なくパパは褒めているんだ。。。」 と長男なりに理解しているようです。 

これが次男ですと、次男はまだ小学2年なので、たとえ「おためごかし」で褒めても、とても嬉しそうな笑顔を返してくるので、こちらが逆に気まずくなってしまうんです。
「あ~ もっと心から褒めてあげないと、可哀想だなぁ・・・」 と、反省してしまいます。


それに長男のことに関しても、時代も(私は偏差値教育最盛期に中学~高校でした)環境も異なる自分との比較で、長男を判断するのも本当は良くないのでしょうが・・・

スクールの生徒さんには 「他のワンちゃんと比べて焦ったり叱ったりしないように!」 なんて、常々お話をしているにも関わらず・・・(苦笑)




さて、ここから(やっと)ワンちゃんのお話です。


皆さんは、ご自分の愛犬を心から褒めていますか?


レッスンの時などに、「ワンちゃんを褒めてください!」 と申しますと、気恥ずかしさもあるのでしょうが、どうも「褒め下手」 の方が多いように思います。
「下手」 と言ってもテクニックの問題というより、心の問題のように思います。


たとえば 「こんなこと、出来て当然なのに!」 などと飼い主さんが思っていると、その気持ちは愛犬に伝わってしまうように思います。
「できて当然」 という「当然」の比較対象が、ご自分の頭の中にある漠然としたイメージなのか、あるいは他のワンちゃんとの比較なのかは、様々だと思いますが 「何で、こんなこと位で、褒めなきゃいけないのよ!」 というオーラを発しながら褒めても、そのオーラをワンちゃんは敏感に感じ取ってしまうように思います。

比較すべきは、「以前の愛犬」であり  例えば5秒しかお座りが出来なかった愛犬が、10秒はお座りが続けられるようになったら、(例え同時期にレッスンを始めたワンちゃんが5分、お座りが出来るようになっていたとしても) それは成長であり、心から褒めてあげるべきなのですが、どうしても他のワンちゃんと比較してしまって褒めが、おざなりになってしまったり・・・

あー この日記は長男には読ませられないなぁ~ :独白


また、「下手」には、褒めるときの視線に注意をはらっていないケースもあります。
視線には2通りあり

①きちんと愛犬の目を見て褒めているか? 視線を合わせずに褒めていないか?

②愛犬が、ほかのものに気をとられているのに、褒めようとしていないか?

(例えば愛犬が、鳥や猫や他のワンちゃんに注意が向いているままの状態で、褒めていたり・・・)

ということに、注意すべきだと思います。


e0204314_10122012.jpg



デートの時、恋人を褒めるのに、そっぽを向いて褒める人は居ませんよね。
まあ恥ずかしくって下を向いて、ゴニョゴニヨ言ってしまう場合もあるかもしれませんが、相手の目をしっかりと見て思いを伝えるのではないでしょうか?


あるいは、カノジョがウインドーシヨッピングで最新のブランドバッグに目を輝かせている横で、褒めてもカノジョはバッグに夢中で、褒められていることに気がつかないかも・・・


やはり、恋人も愛犬も お互いに見つめ合っている時にこそ、思いはよく伝わるように思います。

ですから、これも生徒さんにはよく言うのですが たまに愛犬の名前を呼び、飼い主の方(目)を見たら、すかさず褒める・・・ つまり名前を呼ばれたら、すぐに飼い主さんの目を見ることが出来る愛犬 にすることが大切だと思います。


名前を呼ばれたら、すぐに飼い主さんの目を見る習慣ができていますと

名前を呼ぶ → 飼い主の目を見る(アイコンタクト) → すかさず褒める の一連の動作が実にスムーズに行えるようになります。



そして、やはり一番重要なことは 心から褒めること ・・・ そして 飼い主から褒められることが嬉しい愛犬 に育てていくことだと思います。


パパに褒められても、別に嬉しくないよ!
褒めてくれなくってもいいから、ジャーキー(ゲーム)を買ってよ!
息子も愛犬も、これではいけません(苦笑)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-02-15 10:33 | MY TALK