ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
いつの日にか
at 2017-06-04 07:52
フラウ 12歳の誕生日
at 2017-05-30 09:23
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

スイスからの手紙


我が家の長男は、中学1年生 ・・・ 2月で13歳になります。
彼は早産で生まれて、生まれた時は体重が2000gに満たなかったので、その後の成長も少し遅かった様に思います。

初めての子供でしたから夫婦共に何をするにも経験が無く、双方の親から育児の上でのアドバイスを貰っても自信が持てず、育児書を読んでは息子が育児書のモデルプラン (体重とかミルクを飲む量とか) とは異なることに悩んだりしていました。
特に家内の方は、かなりナーバスになっていた様に思います。

未熟児で生まれましたので基礎体力が弱く、深夜に高熱を出すことも多く、夫婦で慌てて夜間診療所に何度、駆けつけたことか・・・



ところが次男が生まれた時は、体重も新生児の男の子の平均体重より若干、少ない程度でしたし、ミルクもお医者さんが 「ちょっと飲ませ過ぎです!」 という程、飲む子であったこともあり、さして心配もせず、大らかに手抜きで(苦笑)育てることが出来ました。
夜間に発熱しても、診療所に駆け込むこともせず、家で熱を冷ますシートをオデコに貼って、翌朝までそのまま・・・
39℃程度の熱でアタフタと夜間診療所へ飛び込むことも無くなりました。


一般的に、 「長男、長女は神経質で、下の子は大らかで逞しい」  などと言いますが、それは本当のことかもしれません。
我が家でも、長男は神経が細やかでナーバスな面がありますし、そして私自身も長男で一人っ子ですから、そういう面は多々あると思います。
そして、この違いは 「親の接し方」にも大きく影響されるのではないかと思います。
初めての子は、親が神経質になっいて、事細かく注意を払い、子供の意思や気持ちに対する裁量が狭いのではないかと思うのです。

それに対して二番目以降の子は育児経験がありますから、あまり細かいことを気にせず、重要でないことには手を抜きつつ育てる方法を親が習得している訳です。
その親のおおらかさが、子供にも反映されるのではないかと・・・




昨日、昨年末に飼育前講習 を受講して頂いたスイス在住のご夫婦からメールを頂戴致しました。

ちょうど1週間ほど前に、念願のラブラドールをブリーダーさんから迎え入れたそうです。
男の子で、お名前は ファビオ君とのことです。

e0204314_1003719.jpg



ご夫婦から頂戴したメールには、ファビオ君の写真と共に、いくつかのお悩みに関する相談もよせられておりました。
レトリバーのパピーと初めて暮らした方に、ありがちな お悩みが大部分でした。


勿論、個別のお悩みに対しては、その対処法の案を返信させて頂きましたが、それと同時に 「ファビオ君が家に来てくれたからこそ、悩むことも出来るのだ!」  という大らかな気持ちも必要である旨を、書き添えさせました。

ここで、様々な悩みを 「犬が居なかったら悩めなかった!」 と考えるのか 「犬なんか居なければ悩まないで済むのに・・・」  と考えるのとでは、ずいぶんと気持ちが違ってくるように思います。



どんな元気でヤンチャなワンちゃんでも、加齢と共に落ち着いてきますし、パピーだった頃の、ドタバタの大騒動は二度と味わうことが出来ません。

ヤンチャなパピーが成犬となり飼い主と共に充実した落ち着いた時間を共有できる様になる頃には、共に暮らす幸せと同時に、一抹の寂しさを感じるのではないかと思います。
悪戯さえも、懐かしくなる日が、遠からず訪れます。




シャドーなどは、新築の我が家の敷居を齧り、柱を齧り、その当時はホトホト疲れましたが、今はシャドーとの、あのドタバタを、もう一度 経験したいと心から思います。
家の中に沢山の痕跡を残したまま、もうシャドーは天国へ行ってしまいましたし、もう二度と悪戯もしてくれません。


家内も 「無理なことは判っているけれど、もう一度 出産の苦しみを味わい、そして新生児を育てたい」 と言う様になりました。
息子たちは、もう 「育児」 をしている訳ではありませんからね~
もう一度、新生児を育ててみたい・・・ 火中の栗を拾う様な大変さを求めることは、育児の大変さの中に、きっと楽しさや充実感があるからなのだと思います。


苦労や悩み事さえ、あとから考えると楽しい思い出になる。
犬のパピーを育てるのも一緒かもしれませんね。



 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-01-17 10:30 | MY TALK