ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
ソロモン 6歳に!
at 2017-12-02 16:11
Wagon Wheels 
at 2017-11-29 11:56
受け渡し練習 の大切さ
at 2017-11-20 09:54
Japan Final への..
at 2017-11-06 11:02
Japan Final への..
at 2017-10-28 15:15
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。
昨日は日記に大晦日のご挨拶を書きまして、そこで 「不調法ながら新年の挨拶に代えさせて頂きます」 と書きましたものの、やはり改めて新年謹賀のご挨拶を。。。

THE GUNDOG CLUB 2'd stage ・・・ 昨年に増しましてご愛読の程、宜しくお願い申し上げます。

e0204314_22125190.jpg



本日は、家内と息子二人を連れて父の家へ新年の挨拶に行きました。

昨年の暮れに愛犬ラブちゃんを天国へと見送った父は、ラブちゃんが逝去した当初は 「とても新年を祝う気分ではないので、正月も来なくていいから・・・」 と言っていたのですが、少しは落ち着いた様で、どうにか共に新年の食卓を囲むことが出来ました。


ただ、後顧の憂いが無くなったかの様に ここ数日 家の中の整理を始めたことが息子の私としては、気になっています。
2007年の4月に実母が逝去して以来、あまり入ることもなかった母の部屋の遺品も片付けだした様で・・・
母は洋服を作るのが趣味で、よく銀座の馴染みの生地屋さんに母の姉妹たちと一緒に生地を買いに行っていました。
母の部屋の押入れには、手付かずのままの生地のストックが沢山残っていた様で、私も何枚か生地を貰って帰りました。
ソファーカバーにするのに丁度良い大きさのものが沢山ありましたので・・・


3姉妹の写真の背景に写っている赤茶のソファーカバーも今日、貰ってきた母の遺品の一枚です。
なんかフラウ姐さんは保護色みたいになっていますが・・・


私としては、父がこのまま 「家の中の整理」 などをしながら暮らすのではなく、もう一度 共に暮らす相棒 (犬でも猫でも、どちらでもいいと思います) を得て、その相棒との生活を楽しんで欲しいと願っています。
それも保護団体から譲渡して貰うミドルエイジの犬や猫がよいのではないかと思ってます。
でも今はまだ、父もその気にはなれないみたいです。
まあ、押し付けても仕方のないことですし・・・



ところで保護団体の中には 「小学生以下の子供が居る場合は譲渡不可」 とか 「高齢者の一人暮らしは譲渡不可」 と、無条件に譲渡対象から除外してしまう団体もある様です。
確かに、無条件に除外することにより譲渡後のトラブルを未然に防ぐことが出来るのかもしれませんが、反面保護犬や保護猫の嫁ぎ先を自らの手で狭めているとも言えるのではないかと思います。

要は保護団体の譲渡決定担当者 (大抵は団体の代表や主要メンバーの方だと思いますが) が、きちんと譲渡希望者に会い、その希望者と譲渡希望の犬や猫がマッチングするかどうかの見極めを出来る経験や判断力を有しているか否か・・・ということなのだと思います。
まあその判断力に自信が無い場合は、条件に合致しない希望者を機械的に除外した方が後々のトラブルを回避することが出来るのかもしれませんが・・・




そして、今年も私個人としても、またDogSchool I’ll としても 保護活動や保護犬の躾や訓練に積極的に関わっていきたいと思っています。
湘南の辻堂海浜公園で月に1度、開催される保護団体pawpadsさんでの躾教室をはじめ、千葉県の動物愛護ボランティアとしても具体的な貢献をしていきたいと考えております。
昨年までと同様、元保護犬の訓練もLADFでのグループレッスンから野原組の呼び戻しを主体としたレッスンも行っていきます。


我が家の3人娘・・・
フラウ姐さんを除くと、元の飼い主さんから譲渡して頂いた子だったり、保健所が実家(笑)の子だったり・・・
でも、「子犬の頃から飼っていない」 ということが、共に暮らしていくうえで何らの支障にもなっていません。
エステルでさえ、子犬の頃から我が家に居る様な錯覚に陥ることもありますし・・・


保護犬と共に暮らすことの楽しさ、そして保護犬であることが生活をする上で大きな障害にはならないこと、更には保護犬であっても十分にスポーツドッグとして通用すること等々・・・
今年も、それらのことを多くの方々にお知らせできる年となりますことを願っています。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 ↑ ブログランキングに参加しました。
   ポチッと053.gifのクリックを
   お願いします。
[PR]
by gundogclub | 2011-01-01 23:18 | MY TALK