ガンドッグ(鳥猟犬種)への思いを綴ります
by gundogclub
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
最新の記事
思い込むので・・・
at 2017-06-22 10:16
6月上半期 あれやこれや
at 2017-06-14 19:15
いつの日にか
at 2017-06-04 07:52
フラウ 12歳の誕生日
at 2017-05-30 09:23
2人の奥さん
at 2017-05-26 08:55
カテゴリ
全体
MY TALK
シャドー (FCR)
フラウ (GSP)
クワン (GR)
エステル (EP)
ソロモン (WC)
犬の躾・訓練
DogSchool I'll
フリスビー(JFA)
レトリーブ (GRT)
犬種探訪
保護活動
おでかけ・野遊び
車のこと
雪風号
その他
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
ブログジャンル
犬

ラブちゃん天国へ

父の愛犬、 マルチーズのラブちゃん  が12月18日の早朝、天国へ旅立ちました。
12年9ヶ月の一生でした。


ラブちゃんは、元の飼い主さんの飼育放棄犬です。
私の両親(父と亡母)とラブちゃんの縁結びをしたのは、12月1日に天国へ旅立った我が家のシャドーでした。
シャドーの掛かりつけの動物病院に、「里親募集」の案内が掲示されており、その里親募集のワンちゃんが、ラブちゃんだったのです。
丁度、実家では両親が可愛がっていたヨークシャーテリアが亡くなって1年程が経過した時期であり、里親募集の掲示を見た私が、ラブちゃんを里子にすることを両親に勧めたのです。
シャドーが、その動物病院のお世話になっていなかったら、両親とラブちゃんの出会いは、ありませんでしたから、言わば シャドーが縁結び をしたと言えます。


e0204314_22272571.jpg




ラブちゃんは、実家に貰われた時 手を近づけると、いきなり噛み付いてくる悪癖がありました。
頭を撫でようとしても、鼻に皺を寄せて噛もうとするのです。

ラブちゃんは、30歳代のご夫婦と暮らしていたのですが、専業主婦だった奥さんが、ご主人の目の届かない処で随分、叩いていたみたいです。
ご主人が溺愛し、奥さんからは疎まれている・・・そんなパターンだった様です。


そして、奥さんの妊娠が判明したのと同時に、奥さんと奥さんのご両親が、「妊娠中に動物が居るのは、よくない! 今すぐ、手放すべき・・・」 と、ご主人を口説き続け、ご主人が連日のプレッシャーに負けて、泣く泣くラブちゃんを手放すことになったとの事です。

ラブちゃんを私の両親に譲渡するため、ラブちゃんを連れご夫婦で実家にいらしたのですが (私も立ち会っていました) 奥さんは結局、車の中から出てこず、私の両親に挨拶することなく帰って行きました。
ご主人だけがラブちゃんを連れて家の中に入って・・・そこで、ご主人は上記の経緯を私の両親や私に説明しながら、 「子供が生まれることを口実にされて、悔しい!」 と少し涙ぐんでいらっしゃいました。
ラブちゃんが我が家へ里子に来たのは4歳弱の頃だったと記憶しています。



ラブちゃんのハンドシャイは、私が一応、治しました。
その頃はまだ私は会社員でしたので、仕事が忙しく、あまり頻繁に実家にラブちゃんの訓練に行けなかったので、治すまでには1年ほど掛かりました。
父が甘やかすものですから、どんどん傲慢なお嬢様になってしまいましたが(苦笑)、ハンドシャイに関しては亡母が頑張って日々、矯正の練習をしてくれました。




それから約8年・・・
特に母が天国に召された3年前から、父にとってはラブちゃんが唯一の家族でした。
私の自宅から実家までは車で30分程の距離で、比較的近いのですが、それでも毎日、実家を訪れる訳ではありませんし、電話も毎日している訳ではありません。
「ラブちゃんとしか話をしない日」 の方が多い生活を送っていた父・・・



父は、「犬の手作り食」 の本を何冊も買って、手作り食を毎日、ラブちゃんに作っていました。
食材を買うためには、歩いて食料を調達しに行かなければなりません。(父は車の免許が無いので・・・)
ラブちゃんと一緒に、朝夕 短い時間ですが散歩にも行っていました。
定期的に動物病院に行き、待合室で他の飼い主さんと、ワンちゃんの話をする・・・

ラブちゃんのために歩き、ラブちゃんを介在して散歩の途中や動物病院で飼い主さんと会話を交わす生活。
父と社会との接触はラブちゃんを通して成り立っていました
そのラブちゃんが居なくなった今後の父が、とても心配です。
父が逝去した後は私が引き取る覚悟で、「最後の愛犬」と暮らすこと を薦めた方がよいのかもしれません。




ラブちゃん。。。
どうか、安らかに! 
晩年は、親父の 「犬の奥さん」 の役割も担ってくれてありがとう。
もう、天国でママ(亡母)に、抱っこしてもらったかな?
シャドーには挨拶した? 
ラブちゃんは我が家に泊まり来たことがあるから、シャドーは知っているよね?

どうか天国で、父を見守っていてください。



たった3週間の間に、シャドーのみならず、ラブちゃんまで虹の橋へ旅立ってしまったことが、悲しくそして辛いです。
[PR]
by gundogclub | 2010-12-18 23:11 | MY TALK